? はじめに : 資源循環・廃棄物研究センター

はじめに

ご挨拶

二十一世紀に入り、世界における環境や資源・エネルギー制約の問題、日本においては新興国の台頭による産業の空洞化の進行、少子高齢化による人口減少時代への移行、情報化社会が進む一方で無縁社会といった人のつながりの希薄化など、社会情勢は大きく変化してきています。そのような中で、私たちはどのような将来の「循環型社会」を目指せばよいのでしょうか。資源循環・廃棄物研究センターでは、その問いかけに答えるべく、次の三つの主要課題に今後取り組んでいきたいと考えています。一つ目は、経済のグローバル化の下で資源や廃棄物は国際的に移動、循環していることから、資源保全と環境リスク低減等の観点から資源利用と廃棄物管理の枠組を提示します。二つ目は、アジアの新興国などにおいて廃棄物問題が顕在化していることから、日本が蓄積してきた技術や社会システムを基にした国際貢献を行っていきます。三つ目は、日本国内においても低炭素社会や自然共生社会と統合的に循環型社会づくりを進めていく戦略を提示し、次世代の基盤となる技術の研究開発を推進します。さらに、眼前にある放射能汚染廃棄物等の処理や、将来の災害に備えるための研究も、私たちの大きな使命だと考えています。

前のページに戻る