センター研究概要

生産・消費活動の負の側面である廃棄物問題を解決し、資源の効率的な利用と健全な物質循環が確保された循環型社会への転換を進めることが、わが国のみなならず世界共通の課題であり、問題解決のための科学的、技術的課題の克服が求められています。そこで、社会経済活動に伴う物質の利用と付随する環境負荷の実態解明及び将来展望、資源性・有害性の両面からみた物質の評価・管理手法の構築、並びに資源の循環的利用、廃棄物・排水等の適正処理及び汚染された環境の修復・再生のための技術・システムの開発、評価及び社会実装に関する調査・研究を行います。

また、平成23年3月に発生した東日本大震災は被災地各地に大量の災害廃棄物をもたらし、さらに、原子力発電所の事故により放出された放射性物質に汚染された廃棄物や土壌等が広域かつ大量に発生し、その除染や適正処理処分が危急の課題となっています。これらの課題を取り巻く状況の変化に適応しながら各課題に迅速かつ適切に対応するため、所外の関係機関との連携を図りつつ、環境省及び地方自治体からの協力依頼・要請等に対応しながら、緊急的な調査研究を実施し、災害廃棄物及び放射性物質汚染廃棄物等の処理の推進に貢献します。

資源循環・廃棄物研究分野における研究の実施にあたっては、資源循環・廃棄物研究センターが主体となって以下の研究活動体系により研究を推進します。

  • より大きな資源循環・廃棄物分野のパラダイムである循環型社会の構築に関する研究を『循環型社会研究プログラム』として柱立てし、日本とアジア諸国にまたがる国際的な資源循環、アジア新興国の廃棄物処理、日本国内の地域的な資源循環システムという3つの空間スケールに着目した課題解決型の研究プロジェクト(PJ)を機動的に推進します。
  • 国の資源循環・廃棄物管理政策に対応し、着実な実施が必要となる個別の研究課題を『政策対応型廃棄物管理研究』として進めるとともに、中長期視点も踏まえた基盤研究として、資源循環・廃棄物分野の新たな研究技法や概念に関する『萌芽的な基盤研究』及び環境研究の基盤となる情報・データ等の整備に関する『環境研究基盤の整備』を実施します。
  • 資源循環・廃棄物研究分野における横断的な取組として、今期より同研究センターに新設した「研究開発連携推進室」が中核となり、連携推進のテーマに応じて「災害・放射能汚染廃棄物等対策チーム」、「アジア等研究・技術開発推進基盤チーム」(循環型社会研究プログラムPJ2と連携)、「循環型社会地域再生チーム」(循環型社会研究プログラムPJ3と連携)を編成し、国内外の関係機関との協力・連携を図りながら、研究プログラムや政策対応型廃棄物管理研究との連動も意識しつつ、精力的に『研究開発連携の推進』活動を展開します。
  • 上記のうち、特に『災害・放射能汚染廃棄物等対策』については、当研究センター内の各研究室メンバーが組織横断的に「災害・放射能汚染廃棄物等対策チーム」に参画し、研究構成要素に応じて研究班を構成するとともに、出口指向の研究プロジェクトを各種設定し、行政(国・関係自治体)や外部機関(研究機関・関連学会・大学・廃棄物等関連団体・民間企業等)、関係研究者と連携しつつ、精力的かつ機動的に調査研究・行政政策支援活動を展開します。
資源循環・廃棄物研究分野における研究活動の構成及び構成要素間の関係

研究課題リスト

詳しくは課題名をクリックして下さい。

循環型社会研究プログラム

  • 研究プロジェクト1(PJ1) 国際資源循環に対応した製品中資源性・有害性物質の適正管理
  • 研究プロジェクト2(PJ2) アジア地域に適した都市廃棄物の適正管理技術システムの構築
  • 研究プロジェクト3(PJ3) 地域特性を活かした資源循環システムの構築

政策対応型廃棄物管理研究

  • 研究課題1 低炭素社会に適合した熱的処理技術
  • 研究課題2 新しい埋立・管理手法の構築
  • 研究課題3 流域内自然循環と調和した低炭素型液状廃棄物処理
  • 研究課題4 負の遺産対策・難循環物質処理・計測手法
  • 研究課題5 再生製品の環境安全品質評価

萌芽的な基盤研究

  • 物質・資源・廃棄物のライフサイクル管理に係る制度・メカニズムの基盤研究(ソフト系基盤研究)
  • 資源循環・適正管理を支援する基盤技術研究(ハード系基盤研究)

環境研究基盤の整備

  • 資源循環・廃棄物に係る情報研究基盤の戦略的整備

研究開発連携の推進

  • 3R分野におけるアジア研究・技術開発推進基盤構築
  • 循環型社会を基調とする地域再生プロジェクト

災害・放射能汚染廃棄物等対策研究

  • 災害廃棄物及び放射性物質汚染廃棄物等の処理処分等技術システムの確立に関する研究
前のページに戻る