循環・廃棄物の豆知識
2015年10月号

リン資源の隠れた国際フロー

南斉 規介

リンは農産物に欠かせない栄養素であり,基礎講座(資源利用・循環のステークホルダー)でも紹介したようにリン資源の大部分が肥料として利用されます。 日本はリン鉱石としてリン資源の多くを輸入しています。リン鉱石は化学産業で加工されて肥料となり,一部のリンは農作物に吸収されて人の食料,家畜のえさへと移動していきます。 したがって,輸入される農産物や食料品にもリンが含まれており,それらの輸入を通じても日本にリンが入ってきます。同様に,リンを含む肥料や肥料の原料となる化学製品の輸入も日本にリンを供給する役目を果たしています。 これらはリンを経済活動に利用する目的で日本に入ってくる例が,実は,利用する意図はないのに日本に入っているリンがあります。それは,鉄鉱石に含まれているリンです。 私たちは鉄鉱石が貿易されることによって世界各国を移動するリンの量(国際フロー)を調査しました*。日本は年間一億トン以上の鉄を生産していますが,その原料となる鉄鉱石の輸入に伴って多くのリンが日本に供給されています。 しかし,この鉄鉱石中のリンは鉄の生産にとっては不要なものであり,製錬する過程で不純物として取り除かれて他の不純物と一緒に鉄鋼スラグとなっていくため,リン鉱石の場合と違って,リンを資源として有効に活用できていないのが現状です。 世界的に見ても,鉄鉱石に付随したリンの国際フローは2005年頃から増加しており,その要因は中国の鉄鋼産業の急激な成長にあります。オーストラリアやブラジルからの鉄鉱石の輸入に伴い中国には,多くのリンが意図せず供給されていますが,残念ながら未利用に終わっています。 現在,鉄鋼スラグ中からリンを回収する技術開発が進められており,その普及と定着を国際的にも実現することで,リン資源を経済活動に供給する新たなルートとなることが期待されています。

イラスト
  • *Matsubae, K., Webeck, E., Nansai, K., Nakajima, K. Tanaka, M., Nagasaka, T. (2015), Hidden phosphorus flows related with non agriculture industrial activities: A focus on steelmaking and metal surface treatment, Resources, Conservation & Recycling, forthcoming.
資源循環・廃棄物研究センター オンラインマガジン「環環」 資源循環・廃棄物研究センター HOMEへ戻る 国立環境研究所 HOMEへ戻る 近況 循環・廃棄物の基礎講座 循環・廃棄物のけんきゅう 循環・廃棄物の豆知識 けんきゅうの現場から 活動レポート 素朴な疑問Q&A 表紙 総集編 バックナンバー バックナンバー