循環型社会・廃棄物研究センター オンラインマガジン『環環kannkann』 - 当ててみよう!
2007年2月19日号
電気・電子製品の廃棄量/吉田 綾
質問:Question
 1年間で廃棄される台数が一番多い電気・電子製品はどれ?
[1] パソコン [2] 液晶テレビ [3] 携帯電話 [4] 電子レンジ
解説:Answer
 推計によると、日本では1年間に、液晶テレビ約3万台、電子レンジ300万台、パソコンはデスクトップ型PC本体・パソコン用ディスプレイ・ノート型パソコンの合計約1400万台が廃棄されていると考えられます。一方、携帯電話・PHS本体は約3600万台が廃棄されており、保有年数が他の製品と比べて極端に短いことが特徴です(約95%が0〜4年で廃棄されています)。ただし、重さに換算すると、年間の発生量はパソコン(約10万トン)、電子レンジ(約5万トン)、携帯電話(約1万トン)の順に多くなります。
 携帯電話・PHSの本体や電池・充電器は、ブランドに関係なく、このマークのある全国約9300店舗(平成18年3月末現在)の専売店・ショップで、無償で回収しています。
 使用済みの家電製品や家で眠っている古い携帯電話は、資源として適切にリサイクルするために、店頭での回収などに協力しましょう。あなたの協力で、リサイクル率の向上、ひいては「見えないフロー」を減らすことができるのです。
モバイル・リサイクル・ネットワーク
モバイル・リサイクル・ネットワーク ホームページ:
http://www.mobile-recycle.net/index.html
答え [3] 携帯電話
HOME
表紙
近況
社会のうごき
循環・廃棄物のけんきゅう
ごみ研究の歴史
循環・廃棄物のまめ知識
当ててみよう!
その他
印刷のコツ
バックナンバー一覧
総集編
(独)国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター
HOME環環 表紙バックナンバー
Copyright(C) National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.
バックナンバー