萌芽的な基盤研究

物質・資源・廃棄物のライフサイクル管理に係る制度・メカニズムの
基盤研究(ソフト系基盤研究)

将来の資源需要と国際物質フローを解析・評価するためのシステム評価手法の開発と,日本のクリティカル資源の判定と資源依 存リスク評価に向けた応用研究を展開し,システム評価の深化による学術的貢献と我が国の持続的資源利用に向けた社会的技術的要件の提示を通じて政策的貢献 を行います。

また、物質ライフサイクルにおけるリスク調査・管理方策等を開発や循環型社会・廃棄物分野における法令・マネジメント手法の展開を行って、将来日本が備えるべき制度・メカニズムの具体的内容を提示し、行政や企業に対する先導的な知的支援に貢献します。

資源利用のライフサイクル管理に関するシステム評価と制度研究

前年度の成果

資源利用のライフサイクル管理に関するシステム評価と制度研究については、金属資源とバイオマスの国際移動量の物質フロー分析に着手し、限定された統計データ等からの推計を可能にするために二次計画法によるフローの最適化手法を設計・適用した。海外における使用済み小型電池の回収・リサイクル制度において、自治体の回収費用は生産者によって充当され回収インセンティブがあること等の特徴を把握できた。また、国内においては、交付金制度に基づく循環型社会形成推進地域計画が地域レベルで循環型社会を形成する方向性を示す計画としてほとんど活用されていないことなどの計画策定に係る課題も把握した。さらに高齢者の3R・ごみ排出行動の規定因や途上国における廃棄物分野のインフォーマルセクターの成立要因を明らかにする研究を実施した。


今年度の研究概要

資源利用の状況を包括的に把握するための勘定体系やその構造的特性を解析評価するため、物質フロー分析、産業連関分析等を中心としたシステム解析手法を用いた国際サプライチェーン研究を進める。具体的には,我が国の資源需給構造を動学的に記述する国際サプライチェーンモデルの設計,経済社会における資源利用の特性化を行うための評価指標の開発等を実施する。

また、前年度から実施している拡大生産者責任の国際アンケート調査を進め、各ステークホルダーによる当該責任論の考え方の違いを明らかにするとともに、リサイクル制度の見直し時期に合わせた制度研究を行う。パネルデータ分析などによるリサイクル・廃棄物に関わる経済研究については所外の研究者との連携のもとで、研究を展開する。さらに、循環型社会の形成と低炭素社会および自然共生社会の成立を意識した三社会統合に係る研究に着手する。

前のページに戻る